フィギュアスケートのチケットっていくらぐらい?観戦マナーは?

      豆知識

キラキラ
華やかなフィギュアスケートの世界には憧れを感じます。一度は行ってみたいと思いますが、実際のところチケット料金や観戦マナーってどうなっているのでしょう。

実はフィギュアスケートのチケット料金にはかなりの差があります。よく見える席と、スケートリンクからかなり遠くなる席、この差があるのです。しかし一番高いチケットの席だと、じっくり選手を見ることが出来るでしょう。

反対に一番安いチケットだと、スケートリンクからかなり離れてしまい「選手が豆粒のようにしか見られない」なんてこともあるかもしれませんね^^;

スポンサーリンク

実際の大会のチケット代金

参考までに、2014NHK杯国際フィギュアスケート競技大会のチケットの値段は以下の通りです。

  • アリーナSS【12,000円】
  • アリーナS【10,000円】
  • スタンドSS【10,000円】
  • スタンドS【7,000円】
  • スタンドA【4,000円】
  • スタンドB【2,000円】

チケットの購入場所

イープラス、チケットぴあやローチケHMVなどで販売されています。

格安で手に入れたいのなら「ヤフーオークション」を利用してみるのもいいと思います。ただしオークションの場合、相場より高くなってしまっている可能性もありますので、実際の販売価格をチェックしてから入札に望んでください。

オークションの情報

欲しいチケットが決まっているのなら、ヤフーオークションの「オークションアラート」という機能を利用することをオススメします。

この「オークションアラート」に商品名を設定しておくと、その商品が出品されるとメールで知らせてくれるのです。毎日「今日は出品されているかな?」とチェックする手間が省けますね。

大会によって違う金額

2014NHK杯国際フィギュアスケート競技大会のアリーナSSは12,000円ですが、2014年のISU世界フィギュアスケート選手権大会では、プレミアム席というのがあり金額は25,000円でした。かなりの差がありますね。

開催される大会によって違いがありますので、前もって情報を入手しておくことが需要になります。

観戦マナー

フィギュアスケートの大会やアイスショーでの撮影は全面禁止になっています。

おそらくショーや競技が始まる前にアナウンスなどで知らせてくれるはずですが、「ついうっかり携帯カメラを向けて注意を受けた」なんて話も聞きます。きちんと気を付けて観戦に望みたいところですね。

ただこれは日本で規制されている話ですので、他国ではまたその国の規律が存在します。

服装について

氷を溶かさないようにする必要があるため会場内は寒いです。スケートリンク最優先になりますからね。そのため、冬でも暖房完備はされていますがあまり温かくはないでしょう。

夏でも、氷を溶かさないように冷房がかなり効いていると思ってください。観戦するときは上着やひざ掛けを持っていくと良いでしょう。

まとめ

どうしてもフィギュアスケートを見たいけれど、「あまり高い金額は掛けられない」という方は、一番安いチケットを購入してオペラグラスなどを持参し、「フィギュアスケートの観戦を楽しむ」というスタイルも、ひとつの方法だと思います。

まずはお手頃な価格のチケットで観戦を楽しみ、段々とグレードアップしていくことをオススメします。

PC記事下

スポンサーリンク

PC記事下の下

 - 豆知識