アンカーの由来って?リレーで最終ランナーの呼び方の語源とは?

      豆知識

リレーのバトンタッチ
テレビでリレー中継を見ていると、最終ランナーは必ずアンカーと呼ばれています。今までは何も感じませんでしたが、ふと、どうして最後の走者を「アンカー」というのだろうと疑問が沸いてきました。

リレー最後のランナーをアンカーと呼ぶ由来については、おそらく外国語から来ているのだろうとは予想が付きますが、詳しい理由は一体どうなっているのでしょうか。

スポンサーリンク

アンカーの由来は何?

アンカーの語源は英語の「anchor」からきています。「anchor」の意味はイカリ、日本語で書くと碇や錨という字が使われている、船には欠かせない重要な道具のことです。

最終ランナーの呼び方

碇は船を動かさないようにするため、海底に落として使う重りであり、度々シンボルとしても用いられています。船を停めておくためには碇はなくてはならないものなのです。

アンカーの由来は碇の意味を持つ英語「anchor」からきていますが、ではリレーの最終ランナーをどうしてアンカーというのでしょう。

ご存知の通り、リレーの最終走者というのは重要なポジションを担っています。学校の大会でも、最終ランナーに選ばれる人というのは足の速い人がほとんどだと言えるでしょう。

綱引きの競技から呼ばれるように

そしてアンカーと呼ばれだした理由は、綱引きの競技からだったと言われています。碇を意味するアンカーは、綱引きの最後尾に位置してどっしり構えている人と存在感が被るものがあったのかもしれません。

綱を引き合って勝負する綱引きの最後尾にいる人は、そのチームの重しになって支えるという役割があります。そんな大きな存在感を放っている人が、アンカーと呼ばれだしたのだと言われているのです。

そして綱引きで使われているアンカーという呼び名を、そのままリレーでも使用するようになりました。

重要な役割を持つ人物をアンカーと呼ぶ

リレーの最終ランナーも、競争の鍵を握る重要な役割を持っています。そのイメージから綱引きでアンカーと呼ばれている存在と一致したのでしょう。

このように、リレーのアンカーの由来は重要なポジションであることから呼ばれだしたと言えます。

アンカーの語源は碇を意味する「anchor」からきており、船の移動を停める役割を持っている碇のイメージから、綱引きの最後尾で構える人と似た要素をもつのでアンカーと呼ばれるようになりました。

まとめ

綱引きの最後尾の人をアンカーと呼ぶようになったことで、またそれがリレーに選手にも使われ出したということが、アンカーの由来になっています。

アンカーと呼ばれるポジションの人は、チームにとってなくてはならない存在感を放っており、注目されるべき人物だということですね。

PC記事下

スポンサーリンク

PC記事下の下

 - 豆知識