ルーティンの効果とは?期待できるメリットとデメリット!

      豆知識

アスリート
ラグビーの五郎丸選手が注目されるようになったとき、彼が行う独特のポーズも話題になりました。キックする前に両手を合わせて拝むような事をしているのは、五郎丸選手にとってのルーティンだったのです。

ルーティンとは、望ましい結果を得るために決められた動作や習慣を行うことであり、五郎丸選手のようにスポーツマンはもちろん、成功者にもこのルーティンを習慣付けている人たちはたくさんいます。

そんなルーティンには具体的にどのような効果があるのでしょうか。

スポンサーリンク

ルーティンの効果とは?

アスリートの場合はいつでも全力を出す必要があり、そのためには強靭な精神と体力が必要です。運動量をこなせばスタミナはある程度はコントロールすることが出来ますが、メンタルはどうしても左右されやすいと言えるでしょう。

そこで本番に決められた習慣や動作を行うことで、普段どおりの自分の力を出すことが出来るのです。

自分の力を発揮すること

いつも全力を出せる人間なんて存在しません。しかし普段行っている行動を本番にも取り入れることで、気持ちを落ち着かせることができます。

気持ちが落ち着くと集中力も高まり、本来の力を発揮できるといえるでしょう。

また、ミスを連発して挫折感を味わったり、どうすればいいの分からなくなることもあるでしょう。そこでもルーティンが役に立ちます。

習慣化している行動により、自分が今どういう状況なのかを客観的に見ることができるのです。とくにスランプに陥っているときには今までと違うことをして改善しようとしますが、それでは自分の弱点が理解できないままになってしまいます。

いつも通りのルーティンをこなすことで、スランプの原因を突き止めることが出来るでしょう。

イチロー選手に学ぶこと

野球のイチロー選手は、バッターボックスに立つといつも同じ動作をしているのはファンの間ではよく知られていることです。さらに彼は生活スタイルや食事内容までルーティン化しています。

野球ファンでなくても、「ユニフォームの袖を摘む」という動作をしているイチロー選手を見たことがある方も多いと思います。これも彼のルーティンのひとつなのです。そして今はもう食べていないみたいですが、以前は朝昼兼用に毎日カレーを食べていたエピソードはかなり有名となっています。

ここまでストイックに習慣化することで、本番で集中力を高めることができるのです。その努力が望んだ結果を呼び寄せるのでしょう。

メリットとデメリットとは?

ルーティンはアスリートだけが行っている訳ではありません。普段私たちは意識していないだけで、毎日同じ動作をしているはずです。

朝起きてコーヒーを入れる人もいれば、すぐに顔を洗う方だっているでしょう。この一連の動きを毎日繰り返してはいませんか?

メリットとは?

その何気ない行動がルーティンになっているのです。そしてルーティンのメリットはなんと言っても自分を確認できることだと言えるでしょう。

普段と同じ行動を取り続けることでいつもと違う自分に気づきやすくなり、それが仕事の改善に繋がったり、スポーツマンなら不調などをいち早く察知できて調整が出来ますね。

さらに自分のコンディションを把握することで作業効率が高まります。ですので仕事が出来る人というのは、作業をルーティン化して時間を上手に使っていると言えるでしょう。

デメリットとは?

しかしルーティンにはメリットだけとは言えない部分もあります。まず習慣化してしまうことで、それが出来ない場面に遭遇すると不安になります。

人は変化を恐れます。その結果、普段どおりの自分を出せなくなりミスを連発したりしてしまうこともあるでしょう。

このデメリットを解消するためには、今までのルーティンを壊してしまう方法も考えてください。新しいルーティンを決めることで新たな自分の発見に繋がるかもしれません。

まとめ

スポーツ選手が行っているルーティンは、自分本来の力を発揮させるための儀式だと言えるでしょう。何気ない動作をすることで普段どおり集中力が高まり、望ましい結果を得ることができるのです。

最初は簡単な動作を習慣化していき、自分にしっくり合ったルーティンを見つけるといいでしょう。

PC記事下

スポンサーリンク

PC記事下の下

 - 豆知識