怖いと恐いの使い方とは?実は意味が一緒だった?!

      豆知識

怖いと恐いの使い方とは?実は意味が一緒だった?!
こわいという漢字は「怖い」と「恐い」がありますが、この違いを意識したことはあるでしょうか。

なんとなく「怖い」という字の方をよく見かける気がしますが、実はこの2つは意味が一緒なのです。

しかし、だったらなぜ違う漢字で同じ読み方をするのか不思議ですよね。そして漢字が違うなら使い方に何か意味があるのでしょうか。

スポンサーリンク

怖いと恐いの使い方とは?

怖いと恐いの使い方を説明する前に、まず違いを理解してみましょう。

意味は一緒

辞書で調べてみると、こわい【怖い/恐い】と出てきて同じ意味として扱われています。

危害を加えられそうで不安
悪い結果がでるのではないかと不安
不思議な能力がありそうで不気味

このように意味は同じだと辞書でも明記されているとなると、ますます違いがよく分かりませんね。しかしあえて違いがあるとすれば、常用漢字かそうでないかが挙げられます。

常用漢字とは?

こわいもそうですが、日本語には同じ読みの漢字がたくさんあります。そのためどの漢字を使えばいいのか混乱しないように、一般的に使用する漢字の目安が定められているのです。その漢字を「常用漢字」と言います。

そして「怖い」は常用漢字ですが、「恐い」はそうではありません。したがって新聞や雑誌、正式な書類や教科書に載っている漢字は「怖い」になります。

しかし、常用漢字だからと言って使用が強制されている訳ではありません。そのため恐いと書いても問題はないですよ。どちらの漢字を書けばいいのか迷ったら、常用漢字である「怖い」を使うと良いでしょう。

使い方

意味は一緒で常用漢字かそうでないかの違いはあるものの、ではどういう使い方をすればいいのかが疑問ですね。

辞書で「怖い」と調べると類義語で「怖ろしい」という言葉が出てきます。

危険を感じて不安
程度がはなはだしい

このように、「怖ろしい」の意味としては客観的な危険性を表現しています。逆に、「怖い」は主観的な恐怖感を示していると言えます。

客観的か主観的な恐怖に対して、「怖い」と「恐い」の使い方を分ければ良いという事でしょう。

例えば、「休日のテーマパークは怖ろしいほど人がたくさんいる」だと、客観的に人混みの危険を語っていますね。これを「休日のテーマパークは怖いほど人がたくさんいる」になると、主観的な気持ちが混じっていることがよく理解できるでしょう。

まとめ

こわいと読む漢字「怖い」は常用漢字として使われていますが、「恐い」はそうではない漢字になります。そのため「怖い」を使う方が一般的だと言えます。

使い方は、主観的か客観的かで判断すると良いですね。自分自身の恐怖だと「怖い」、冷静に判断できる危険だと「恐い」と使い分けましょう。

PC記事下

スポンサーリンク

PC記事下の下

 - 豆知識