結婚の挨拶へ行くとき手土産は必要?おすすめは?

      豆知識

結婚の挨拶へ行くとき手土産は必要?おすすめは?
結婚が決まったらやることはたくさんありますが、まずはお相手のご両親に挨拶をすることは基本ですよね。初対面なら良い印象を与える必要がありますし、何度か会っていたとしてもきちんとした手順を踏むことは重要です。

しかし挨拶といってもどうすればいいのか、そして手土産はどんな物を選べばいいのかと悩みは尽きません。

スポンサーリンク

結婚の挨拶へ行くとき手土産は必要?

相手のご両親に好印象を持たれるためにも、手土産は持参した方がいいですね。この先長いお付き合いになるので、最初の印象が大事だと言えます。

そして手土産の金額の相場は、3000円から5000円程度が望ましいとされています。高過ぎず、安過ぎずがちょうどいいのでしょう。

この手土産ですが、ご挨拶に行く当日に用意するのはあまり良くありません。来る途中、ついでに買ってきたという印象を与えてしまうので、前もって準備しておいてください。

おすすめの手土産はどんなもの?

どんな物を持っていけばいいのかと言えば、洋菓子や和菓子の詰め合わせが一般的です。さらに相手のご両親の好みに合わせると喜ばれるでしょう。事前に好きな物をパートナーに聞いておいて用意すると良いですね。

また、その時に話題になっているお菓子だと話のネタにもなりますし、自分の地元の名産品も会話が弾むでしょう。「これは今○○で人気になっている洋菓子なんです」とか、「このお菓子は地元でも品切れになるほどリピーターが多くて」といったように楽しくお話しすることができますね。

逆に何も思い浮かばない場合は、定番の老舗店で購入すると良いでしょう。しかし生菓子ではなく、ある程度日持ちするものにしてください。もし食べなかったとしても、来客用のお菓子にしたりご近所に配ることが出来るからです。

また、お酒好きのご両親なら好きな銘柄の洋酒や日本酒を用意することも良いでしょう。ただお酒の好みがハッキリしている方なら問題ありませんが、好みがよく分からないといった場合になると、やっぱり日持ちするお菓子の詰め合わせが無難だと思います。

それから切り分けるタイプのお菓子や、おせんべいのように割れる可能性のある食べ物は縁起が良くないと言われていますので、個別包装のお菓子がオススメです。そして基本的にのしは必要ありません。

手土産を渡すタイミングは?

玄関入ってすぐではなく、席に落ち着いて挨拶が終わってから渡しましょう。こういう時は「つまらないものですが」と言うことが定番になっていますが、実はこの言葉はあまり使わない方がいいのです。

実際は相手を立てる意味で言われているのですが、受け取った側からしたら「つまらないのなら欲しくないな」と思ってしまうこともあるかもしれません。

本当は、「自分なりに一生懸命選びましたが、立派なあなたの前ではつまらなく見えてしまう」という謙遜する気持ちを表現した言葉なんですけどね。

このように日本人らしさが詰まった言い回しではありますが、ちょっと遠まわし過ぎて分かりづらくなっているのが現状です。

ですので「つまらないものですが」ではなく、他の言葉を添えて渡しましょう。例えば「お好きだと伺いましたので」、「美味しいと評判のお菓子ですのでぜひ食べていただきたいなと思って」など。

そこからしばらくお菓子の話で盛り上がるようになれば、その後の会話もスムーズに進むかもしれませんね^^

まとめ

結婚の挨拶に行くときに持参する手土産は、日持ちするお菓子の詰め合わせがオススメです。そして何よりも贈り物に一番大切なことは「気持ち」です。極端な言い方をすると、どんなものでも気持ちがあれば、それは相手に通じます。

このお菓子お母さん好きかな、あれだとお父さん食べてくれるかな、そんな風に思いながら選ぶことも大事なことだと言えるでしょう。

PC記事下

スポンサーリンク

PC記事下の下

 - 豆知識