魔の時間のボイドタイムとは?気になるけれど気にしないことも大事!

      2017/05/13   スピリチュアル

魔の時間のボイドタイムとは?気になるけれど気にしないことも大事!
ボイドタイムとは占星術の世界において、「魔の時間」と呼ばれている時刻のことです。占いを好まれる方はおそらく聞いたことがあるでしょう。月の影響力が無効化されてしまい、物事が上手くいかなくなると言われています。

魔の時間と聞くとなんだか恐ろしいもののように感じますが、少し注意しながら過ごすだけで大丈夫です。

スポンサーリンク

ボイドタイムの注意点

すべてが無効になってしまうということではありません。新しいことを始めるには適した時刻ではないのです。

普段通りに過ごす分には問題ありません。

初めてのことはやらない

これからの計画を立てたり、重要な決め事や引っ越し、大きな買い物は避けた方がいいです。出掛けたとしても、新しいお店に入ることも止めておきましょう。

アメリカのレーガン元大統領もボイドタイムの会議は避けていたと言われています。

先延ばしにする

ボイドタイムでは判断力が低下したり、コミュニケーションが上手く出来なくなると言われています。ですのでどうしても何かを決めなくてはいけないときは、決断だけを先延ばしにしてみるのもひとつの手です。

してはいけないこと

計画、会議、旅行、大きな買い物、契約、開業、入籍、重大な決断、情報収集、診察など。とにかく新しいことや重要なことは避けましょう。

日常行っていることなら問題ありません。ミスに注意しながら過ごしてください。

月の力

大昔から人間には計り知れないパワーが、月にはあると信じられてきました。このことから生み出されたのが占星術という技術です。

月や惑星の動きを読み、それらを身近で起こる出来事と結びつけて吉兆を占うようになりました。占星術は何千年もの間、世界中で実施されてきた歴史ある学問なのです。

月の影響力

月の引力によって潮の満ち引きが起こります。人間の体の7割が水分ですので、人も月の引力に影響を受けると言われているのです。

とくに満月は月の引力が最も活発になることから、人の神経も敏感になるのではと考えられています。気持ちが敏感になり感情が高ぶることから、満月の狼男伝説が生まれたのではないでしょうか。

信じる?信じない?

物事が上手くいかなくなると聞けば、とても恐ろしく感じてしまうでしょう。しかしあまりにも妄信的に信じてしまうことも、またとても危険なことなのです。

考え過ぎて何も出来なくなるのはいいことではありません。「ボイドタイムは気にしない」という方もいますので、信じるも信じないもあなた次第という訳です。

怖いと感じるよりも、ボイドタイムはトラブル回避のための時間帯だと考えてみれば逆に利用できます。割り切って考えることも大事ですね。

2017年の新月と満月、ボイドタイムカレンダー

PC記事下

スポンサーリンク

PC記事下の下

 - スピリチュアル