断言法とは?書くだけで願いが叶う方法!

      2017/05/13   スピリチュアル

断言法とは?書くだけで願いが叶う方法!
断言法という、不思議な願望達成のやり方があります。

アメリカの漫画家であるスコット・アダムス氏が提唱した方法で、「努力では叶わない願望を叶えることができる」と言われているメソッドになります。

断言法の書き方はとても簡単、自分が願っていることを1日15回書くだけです。

例)
私○○は、○○になる
私、スコット・アダムスは全国区の漫画家になる

この方法でスコット・アダムスは書いた通りに全国区の漫画家になりました。かなり眉唾ものの方法ですが、ネットを中心に実践する方がとてもたくさんいます。

誰でも簡単に願いが叶うなら試してみたいものですよね^^

スポンサーリンク

断言法の仕組み

断言法とは「願望を断言する文言を書き続ける」というメソッドです。おそらく断言法という言葉がなかった頃から、この方法を実践していた方はたくさんいるでしょう。

例えばダイエットをしたいと決断すれば、「目標マイナス3キロ!」などという言葉を書いて壁に貼ったりしたことはありませんか?受験のときなどは「必勝」「合格」などですね。

これらの言葉を書いて視覚に入れることで、自分でも意識しないレベルの気持ちの中に入りこんでいくのです。このことから書くだけで叶うというよりは、自分の意識の奥深くに願望達成を刻み込む手伝いができると言えます。

自分の奥底の意識の中に願望を深く刻み付けることによって、知らず知らずのうちに願望達成に向けての行動を取るようになります。

これが、断言法で願望が叶うと言われている根拠でしょう。

もちろん努力も必要

提唱者のスコット・アダムスは努力は不要だと言っていますが、やはりそれなりに努力は必要でしょう。

断言法で書いて意識に刻みつけ、それを見ることでさらに奥深くに願望を浸透させます。そのことによって意識していないレベルでの気持ちが、自然と願望達成に向けて行動するようになるのです。

自由度が高い方法

自分の意識が願望に向かうためのお手伝いをしてくれる断言法はとても簡単な方法です。

一応毎日15回書くと言われていますが、気分が乗らないときは書かなくても大丈夫です。それだけではなく、断言法を信じる信じないも関係なく、手書きでなくても問題ないと言われています。

まとめ

かなり自由で手軽にできるので気楽に始めることができますね。

願望を達成するためだけではなく、自分の夢や願望を再確認するためにも書くという方法はかなりオススメですのでぜひ試してみてくださいね。

PC記事下

スポンサーリンク

PC記事下の下

 - スピリチュアル