不動明王のマントラ効果とは?真言を唱えて守護を得る!

      2017/07/23   スピリチュアル

不動明王の絵馬
不動明王はアチャラ・ナータともいい、仏教における信仰の対象です。密教の最高仏とされる大日如来の化身とも言われており、降三世明王、軍荼利明王、大威徳明王、金剛夜叉明王と並び五大明王の一員として祀られています。

お不動さんのとしても親しまれているので、お寺で見かけたことがある方も多いと思います。

では不動明王のマントラを唱えることで、どのような効果が現れるのでしょうか。

スポンサーリンク

不動明王のマントラ効果とは?

マントラ(真言)は、「真実、秘密の言葉」という意味があり、本来は仏の教えは言葉にできないのですが、あえて分かりやすい形にとったものだと言われています。

真言宗の開祖である空海は、「わずか一字の中に千理を含む。この身のままで真理を悟ることができる。」と記しているように、マントラには不思議な力があると古来から信じられてきました。

そして霊験あらかたな不動明王のご利益は、病魔退散や商売繁盛、立身出世に厄除け、守護など。とくに現世利益に効果があるとされています。

何事にも動じない不動心

さらに不動明王というだけあって、不動心が養われるとも言われています。

気持ちが不安定で何をするにも集中力がないという方は、不動心が必要だと感じます。そこで何事にも動じない強い気持ちを保つためにも、お不動さんのマントラを唱えてみてはいかがでしょうか。

唱えることでチャクラが整い、とくに下半身が活性化すると言われています。下半身が活性化するとどっしり構える、つまり腹が据わるということなので、やっぱり不動心を保つ効果に優れていると言えるのではないでしょうか。

どんな風に唱えるの?

こちらの動画では不動明王の真言を唱えています。まずは聞いてみて、感覚や言葉に馴染むといいでしょう。

マントラは以下の通りです。

ノウマク・サンマンダ・バサラダン・センダンマカロシャダヤ・ソハタヤ・ウンタラタ・カンマン

言い慣れない言葉だと最初は戸惑うと思いますが、何度も唱えていると慣れてきますので、自分なりのペースで言葉を覚えていってください。

言葉の持つ力

マントラだけでなく、言葉には不思議な力があると言われてきました。よくネガティブなことばかりつぶやいていると、本当に不幸に襲われたり、逆になんでもないことでも感謝の言葉を発するだけで幸運が舞い込んでくるなど。

言葉に関する奇跡は世界各地で伝えられていますし、誰もが言葉の不思議を感じた経験があるのではないでしょうか。

そんな言葉の奇跡を凝縮したものがマントラなのかもしれません。

まとめ

不動明王のマントラ(真言)は、不動心を得る効果に加え、現世利益にも期待が出来ると言われており、その霊験は絶大だと、古来より信仰する人たちがたくさんいます。

言葉の持つ不思議は誰もが経験していることだと思いますので、さらに守護を得るためにも、マントラを唱えて生活をより良いものへと向かわせましょう。

PC記事下

スポンサーリンク

PC記事下の下

 - スピリチュアル