トラウマを解消するためにヒーリングを活用してみる!

      2017/05/13   スピリチュアル

トラウマを解消するためにヒーリングを活用してみる!i
スピリチュアルな世界の中にはヒーリングと呼ばれる癒しがあります。ここで言うヒーリングとは目に見えない物で、その人の持つ生き辛さの原因を探ったりトラウマを解消するために使われます。

しかしヒーリングを受けることで、劇的な変化が訪れる訳ではありません。ただ、確実に今までの自分とは何かが違っていることがあり、それがヒーリングの効果だと言えます。

ヒーリングと言っても誰もができる技ではなく、ヒーラーと呼ばれる人がヒーリングを行います。

スポンサーリンク

トラウマをヒーリングで解消する

ヒーリングはトラウマを抱えている人に対して有効なケア方法だと言えます。

トラウマと言えば過去や子供時代に壮絶な事件に巻き込まれたなど、そういった事を想像しますが、それだけではありません。少し厳しい家庭で育ち、自己否定が多かった子供時代を過ごした人は、大人になってもその気持ちを引きずっていることがあります。

親はそんなつもりが無くても、子供時代に自分は必要とされていないと感じる事もトラウマになるのです。

インナーチャイルド「内なる子ども」

インナーチャイルドと言われる言葉があり、傷ついた子供時代の記憶や感情のことを指します。大人になって色んな事をする時に、子供時代の物事の決め方が邪魔をするのは、このインナーチャイルドが原因だと言えます。

例えばお金持ちになりたい、好きな仕事に就きたい、人間関係を円滑にしたいなどは元々ポジティブな人であれば可能な事です。

しかしトラウマを抱える人は何をするにも思考に否定的なクセが出てしまうので、人とすぐに比較する、感情の起伏が激しいなどの症状が現れます。

さらに人前で嘘の自分を作ってしまっていたり、漠然とした将来への不安が大人になっても拭いきれません。ヒーリングはそういった心のトラウマやインナーチャイルドを解消するために効果的でしょう。

ヒーリングを受けるとき

ヒーリングの行い方は、ヒーラーと向かいあって手かざしを含めた癒しを受けます。受け手としては座ってリラックスしているだけで良いので簡単です。

ヒーリングを受けた後は、1週間ほど好転反応が出る場合がありますので、調子が悪くなったり、感情の起伏が激しくなったりします。

逆に悪くなったのかと感じますが、そうではなく悪い物が外に出ていく時期にさしかかっており、それが過ぎると考え方にも変化が訪れるでしょう。

好転反応とは東洋医学の言葉で、一時的に悪いことが起こるが徐々に改善されていく反応のことです。

自己ヒーリングの方法

実はヒーリングは自分でもできます。簡単に言えば自己暗示の事で、マイナスな言葉は使わない、毎日が楽しいと感じる事が大事です。

中々難しいですが、「私は今日を生きられる事に幸せを感じています。」こんな風な言葉を紙に書いて読むだけで思考が変わり、これをアファメーションと呼びます。

アファメーションは自分に対して前向きな宣言をするということで、日々ポジティブな言葉を自分に言い聞かせ、どんどんその言葉通りの現実が起こるということなのです。

まとめ

自分で自分を奮い立たせるような感覚でしょうが、慣れれば自分を受け入れて自己否定が無くなると言われています。

出来ない自分を責めず、アロマや入浴、音楽など、リラックス効果のあるものを実践しながら自分の好きな事をするのも良い方法だと言えます。

言葉には言霊が宿るとされていますので、できるだけポジティブな言葉を使う事も自己ヒーリングの一種です。

PC記事下

スポンサーリンク

PC記事下の下

 - スピリチュアル