塩風呂の浄化作用とは?マイナスエネルギーを受けた日におすすめ!

      2017/05/13   スピリチュアル

塩風呂の浄化作用とは?マイナスエネルギーを受けた日におすすめ!
普段の生活の中で悪い事ばかりが立て続けに起こったり、精神的にも肉体的にも何か調子が悪いと感じる事はありませんか。そんな時に覚えておくとよいのが塩を使ったセルフ浄化のやり方です。

昔から様々な場面で塩は活用されてきました。お葬式のあとにも塩を使って邪気を払いますし、神社などでも場を清める意味合いで使われています。このように悪い影響から守ってくれる働きがあるのです。この効果を全身に取り入れることが出来るのが塩風呂になります。

塩を入れたお風呂に入ることであなたが受けたマイナスエネルギーを払いましょう。

スポンサーリンク

効果的な塩風呂の入り方

まずはお風呂に入る前に塩の準備が必要です。粗塩(精製されていないもの)や天然の岩塩を用意してください。岩塩となると少々値段が高くなりますが、粗塩だとお手ごろ価格で購入できます。たとえば伯方の塩という商品を聞いたことはありますでしょうか?こちらも粗塩になります。

ちなみに伯方の塩1キロの金額はamazonだと317円です。ご近所のスーパーだともしかしたらもう少し安く購入できるかもしれませんね。

やり方は非常に簡単で、お湯を張ったら塩をたっぷりと掴んで湯の中に入れます。疲労感の強さによっては塩をより沢山入れてもいいですね。

湯船に浸かる時には一度頭の先までドボンと浸かり、そのまま数秒耐えれる人はしばらくその状態を維持してください。それから肩まででも胸まででもいいので落ち着ける所まで浸かってゆっくりリラックスしましょう。深呼吸して自分が守られているようなイメージを持つのも良いですね。しかしのぼせてしまってはいけませんので大体のところで終了させてください。

ゆっくり湯船に浸かるので読書や瞑想するのもいいでしょう。しかし瞑想すると眠くなるという方は控えてください。実はお風呂での事故は交通事故よりも多いのです。ですので危険なお風呂の入り方は避ける必要があります。

入浴中の事故が交通事故より多い理由!実は危険なお風呂の入り方!

塩風呂は調子が良くなるまで毎日行っても良いですが、大体2週間ほどで体に溜まっていた悪いエネルギーが出て行くと言われています。

美容効果もある!

殺菌作用やデトックス効果、保湿の効用が塩にはありますのでメンタル面だけでなく体の美にも効果的です。

塩の持つ発刊作用によって体の毒素が落とされ肌の代謝が促されます。そして体を芯から温めてくれるので冷え性の方にはピッタリだと言えるでしょう。冷えからくる体調不良には様々な症状がありますので健康効果にも期待が持てますね。

同じような効果に期待できる日本酒風呂もオススメです。

日本酒風呂には浄化作用がある?気持ちも体もスッキリする方法!

内側にも効果がある!

マイナスエネルギーは何も外側だけからくるのではありません。あなたの中にも後ろ向きな思考や人を妬む気持ちなどがきっとあるはずです。これは普通の人間なら仕方がないことでしょう。そんな自分のマイナスな気持ちが原因で肩こりや頭痛、調子の悪さが体に出てしまうことも時にはあるかもしれません。

悪い事が連続で起きる時は周りだけのせいではなく、自分の波長がそれを呼んでいる事も少なくはないのです。あなた自身の波長を変えるためにも塩風呂は効果的だと言えるでしょう。

悩み事がある場合は「紙に悩みを書いて塩を包んで燃やす」というおまじないがあります。こちらも簡単にできるのでおすすめです。

塩まじないって知ってる?悩み事を書いて燃やすだけのおまじないだよ

まとめ

塩風呂は一時だけでなく毎日継続しても問題ありません。そのうちスッキリとして物事の考え方や捉え方がかなりポジティブになっている自分に気づくはずです。継続する事でプラス思考が精神に根付き、自分が変わる事で周りの環境も変わっていきます。

この「自分が変わる」ということはとても大事なことです。まずは自分から変わらなければ何も起こりません。

塩には浄化作用だけでなく美肌や健康効果にも期待が出来ますので、ちょっと気分が沈んでいるときや調子が悪いことが続くときに試してみませんか。きっと体も心もスッキリと軽くなるでしょう。

PC記事下

スポンサーリンク

PC記事下の下

 - スピリチュアル