満月と新月の違いとは?月のリズムを知りパワーを活用する方法!

      2017/07/26   スピリチュアル

満月と新月の違いとは?月のリズムを知りパワーを活用する方法!
月は太陽の光を反射してあのような輝きを放っています。そのため満月と新月の違いは、月と太陽、地球それぞれの位置が深く関わっているのです。

満月は地球を挟んで太陽と月が反対側にある状態を指し、そのため光の反射する範囲が広大になり丸い月の形が確認できます。一方新月は、太陽と地球の間に月が来ているので月に当たっている太陽の光が地球からでは見えないのです。これらが満月と新月の違いになります。

月の満ち欠けは私たちの生活にいろいろな影響を与えると言われています。しかし実際のところ、満月と新月の違いといった月の状態に人はどんな影響を受けるのでしょうか。

スポンサーリンク

新月の影響力

新月は月が新しく回り始める最初の時なので、私たちも何かをはじめるのにとても良い日だと言われています。自分のしたい事や身近な目標を書くのもいいでしょう。

新月の日に願いごとをする「新月の願い事」という習慣もあります。願いごとを10個ほど肯定的な文章で書くだけという気軽な願望達成メソッドです。ただそれだけなのですが、月の不思議なパワーがみなぎっている新月に行うことで願いが叶いやすくなると言われています。

ただボイドタイムと呼ばれる「魔の時間帯」には願い事を書いたりしない方がいいかもしれません。

ダイエットやファスティング(断食)を始めるタイミングとしても最適でしょう。髪の毛を切りに行ったり、種を蒔くのにも良い日とされています。

満月の影響力

逆に満月の日にはそれらを行わないようにしましょう。満月は引力が強いため神経も苛立つタイミングなのです。暴飲暴食、衝動買いなどには気をつけた方がいいですね。

引力は体の中の水分や血液にも影響を与え、体がだるくなったり冷えたりしますのでお風呂にじっくりと浸かることもオススメです。また食事はお肉が付きやすいのでヘルシーなご飯を心がけ、お酒は酔いやすいと言われているのでほどほどにしましょう。

できるだけ無理をせずリラックスして過ごしてください。

満月の時は、紙に書いた願いを完了したという形で捨てる、解放したい事を手放すのに良いタイミングだとされています。

お財布を満月の日にフリフリすることで金運アップに繋がるという方法もあります。

月のリズム

月は28日を1つの周期として地球を一周し、回る場所によって月の見え方も変わってきます。28日という数字は女性であれば肌のターンオーバー、生理とも関係していますね。妊娠時は一ヶ月を4週の28日と考えるし、出産は満月に多いとも言われています。

地球に近づく月

月の回る軌道は少し楕円であり常に地球との距離は変化しています。そんななか、地球に一番近づくタイミングの新月や満月を「スーパームーン」と呼んでいます。


地球に近くなるのでとても大きな月を見ることができます。こちらの動画は撮影日が2012年5月6日、素晴らしい迫力ですね。

そして今年2016年のスーパームーンは11月14日になります。2017年は残念ながら見られず、2018年は1月1日です。元旦にスーパームーンが見られるなんてきっと良い1年になることでしょう。

月のパワーを活用しよう

パワーストーンや水晶を持っている人は月の力で浄化させる方法もおすすめです。月光に当てるだけで浄化されパワーがみなぎります。また、パワーストーンだけでなく人も月光に当たると月のパワーを得ることができると言われていますので、夜お部屋のなかでカーテンを開けて月光浴なども良いでしょう。

このように満月と新月の違い、月のリズムを知ることでたくさんのパワーを活用できますね。月の満ち欠けそれぞれの良いところを見極めて生活に役立ててください。

PC記事下

スポンサーリンク

PC記事下の下

 - スピリチュアル