岐阜県大垣市の観光!歴史を感じさせるスポットが満載!

      2017/07/23   観光スポット

岐阜県の大垣城
岐阜県の県庁所在地である岐阜市に次いで人口が多いのが大垣市であり、日本列島のど真ん中にある都市として知られています。

地下水が豊富であることから「水の都」とも呼ばれている大垣市には、一体どんな観光名所があるのでしょうか。

スポンサーリンク

岐阜県大垣市に観光へ行くならココ!

それでは大垣市のおすすめスポットをご紹介します。

大垣市の総鎮守「大垣八幡神社」


大垣八幡神社は、金運や開運のパワースポットとして人気がある神社です。

5月中旬に開催される大垣まつりは大垣八幡神社の祭祀であり、ユネスコ無形文化遺産に登録されていて、毎年たくさんの人たちで賑わっています。

境内社には縁結びの「出雲神社」、商売繁盛の「大福稲荷神社」、学問の神さま「大垣天満宮」や金運の「大垣竜神社」、水神・風神の「広瀬神社・龍田神社」と、ご利益のある社がたくさんあります。

記事菅原道真の祟りとは?怨霊伝説が信仰へと結びつく

大垣八幡神社では様々な祈祷も行っており、安産祈願や交通安全、試験合格や商売繁盛などの祈りを捧げてくれます。

また、種類が豊富なお守りも要チェックです。キティちゃんの可愛いお守りは人気があって、お土産にも喜ばれるでしょう。

所在地:岐阜県大垣市西外側町1丁目1

関ヶ原の戦いと縁がある「大垣城」


1535年に建てられたと伝わっている大垣城は、関ヶ原の戦いの時、石田三成が本拠地とした場所としても知られています。

歴史好きの方だと、関ヶ原とセットで訪れたいスポットだと言えるでしょう。

戦国時代の天下分け目の戦いの場として、日本人なら知らない人はいない関ヶ原ですが、実際の場所は大垣市に隣接する「不破郡関ケ原町」というところにあります。

大垣城で歴史への興味を刺激されたら、そのまま不破郡関ケ原町まで足を伸ばしてもいいですね。

1936年には国宝に指定されたものの、1945年に戦災により焼失しています。現在の大垣城は、1959年に再建されたものですが、地元の人々からは大垣のシンボルとして親しまれているのです。

周囲は公園が整備されていて、毎年冬には周辺に鮮やかなイルミネーションが施され、とても綺麗な光景が見られるでしょう。

所在地:岐阜県大垣市郭町2丁目52

松尾芭蕉の資料が展示「奥の細道むすびの地記念館」


松尾芭蕉が奥の細道の句を詠んだ旅を終え、故郷の伊賀上野へと旅立った事を記念して、奥の細道むすびの地記念館が建てられました。

芭蕉館には様々な資料展示やシアター、松尾芭蕉以外にも江戸から幕末にかけて活躍した人々を紹介する先賢館、文化交流や情報を発信している観光・交流館があります。

中でも松尾芭蕉が辿った道のりを3D映像で紹介しているシアターは、とても見応えがあると評判です。

比較的空いているスポットになりますので、人ごみを避けゆっくり観光したい人におすすめだと言えるでしょう。

所在地:岐阜県大垣市船町2丁目26番地1

大垣市の歴史がわかる「大垣市郷土館」


1985年に戸田入城350周年を記念して建てられたのが、大垣市郷土館です。大垣の歴史や、大垣を築いてきた先賢たちの資料や美術品を数多く展示しています。

大垣市郷土館内にある庭園には樹齢500年と言われるサツキの盆栽があり、こちらも見所となっています。

駅から徒歩で行ける範囲ですので、のんびり周囲を散策しながら立ち寄れるでしょう。毎週火曜日や祝日は休館ですが、それ以外はゆっくり見学できます。

所在地:岐阜県大垣市丸の内2丁目4

まとめ

岐阜県大垣市には有名な観光スポットから、人が少ない穴場までいろいろな名所があります。

開運のパワースポット「大垣八幡神社」や関ヶ原の戦いで石田三成が本拠地とした「大垣城」、松尾芭蕉の資料が見れる「奥の細道むすびの地記念館」、大垣市の由緒を知ることが出来る「大垣市郷土館」と、歴史に関連したスポットがとてもおすすめです。

情緒溢れるスポットで歴史の息吹を感じながら観光するなんて素敵ですね。機会があったら行って楽しんできてください。

PC記事下

スポンサーリンク

PC記事下の下

 - 観光スポット