フリーメイソンって何してるの?

      2017/07/23   オカルト

妖しい仮面
数年前から都市伝説界隈で陰謀説が出回り、その存在を一般的に知られるようになったフリーメイソンですが、一体どんな団体で、何をしている集団なのでしょう。

名前は知っているけれど、その実態は謎に包まれているフリーメイソンの活動や歴史をまとめてみました。

スポンサーリンク

フリーメイソンとは?

世界各地にメンバーがいる友愛団体であり、その起源は色々な説があるため本当のところはハッキリしていません。

通説では、中世に団体の前身となる石工組合が存在したとされ、職人の団体であったことから、石工の道具である直角定規とコンパスがシンボルとして使われたのだと言われています。

フリーメイソンリーのシンボルマーク
フリーメイソンリーのシンボルマーク/wikipediaより引用

正確にはフリーメイソンとは各個人のことであり、団体名としては英語で呼ばれるフリーメイソンリーが一般的です。

フリーメイソンリーの歴史

石工組合として活動していたフリーメイソンリーですが、近代になり組織として衰えてきたところ、イギリスで建築に関係のない知識人が多く参入するようになったことから、友愛団体に変化していったみたいです。

建築はありとあらゆる分野に精通することから、知識人たちに注目されていたことが理由だったとも言われています。

数多くの知識人たちを抱え込んだフリーメイソンリーは、そのメンバーのネットワークからヨーロッパ諸国やロシア、アメリカ大陸にまで広がっていきます。メンバーであれば相互に助け合うという精神も、当時は民間人を助けてくれる組織がなかったことから、非常に好感を持たれていたようです。

秘密結社としての組織

フリーメイソンリーは秘密結社ではありますが、それは一般の団体が内部に秘密を抱えることと変わらないのだという意見があるので、神秘的な雰囲気に惹かれて入会する人が、期待と違う団体のイメージにがっかりしてやめることもあるそうです。

各地域にあるフリーメイソンリーをまとめているのが、グランドロッジと呼ばれる組織であり、東京にある日本グランドロッジでは、ときどき一般の方も参加できるイベントを行っています。

秘密結社がイベントを行っているという事実に不思議な感じがしますが、とても興味深いですね。

実際は何してるの?

起源には諸説があり謎が多い組織ですが、実際のところ何してるのかと言えば、「自己の成長を求め、さらに社会の向上を求める友愛団体」と、日本グランドロッジのサイトでは説明されています。

慈善活動やボランティアも行っており、社会奉仕団体のような側面を持ち合わせていますが、それだけではなく会員同士の親睦を深めることも組織活動の一環のようです。

結局よく分からないという印象ですが、そこでフリーメイソンである高須クリニックの高須克弥院長の発言に注目してみましょう。

フリーメイソンの活動

現在の高須院長は京都の御門ロッジに所属しています。その現役フリーメイソンが語るところによると、活動内容は組織として当たり前のことから、伝統的な儀式を行うことまで。

当たり前のこととは、誰が掃除するとか、そんなことみたいです。政財界の著名人が集まって掃除担当を決めている姿を想像すると、ちょっと面白いですね。

そしてフリーメイソンが謎めいている理由の一つである伝統的な儀式は、覚えるためにメモしたり写真に取ることも禁じられており、すべて暗記することが義務付けられています。

この徹底した秘密主義がオカルト的な印象を植え付けるのでしょう。

もっとオープンな組織へと

しかし怖い組織だと思われることが癪に障る高須院長は、フリーメイソンリーをもっとオープンな組織にするために、様々な活動を行っています。

熊本地震時に物資を運んだとき、自家用ヘリにフリーメイソンのロゴマークを付けてみたり、オフィシャルグッズの販売にも積極的に関わりました。御門ロッジのピンバッジとかカップとかタオルとかあるみたいです。欲しい^^

世界を牛耳っている陰謀説

フリーメイソン陰謀説が出回っているのは、テレビ東京で定期的に放送されているバラエティ番組「やりすぎ都市伝説」でブレイクした関暁夫さんが発言されたことが大きいと思います。

今ではミスター都市伝説として数々の陰謀論を語られていますが、最後は「信じる信じないはあなた次第」というフレーズで毎回締められており、実際のところは謎のままです。

メンバーが有力者

しかし陰謀説が囁かれるには理由があります。それは世界的に見ると重要な人物がフリーメイソンだったことが大きいでしょう。現在の会員数は世界で600万人にも及び、各界の著名人を多くメンバーに抱えています。

政財界に関わる重要人物が集まって秘密の儀式を行っていれば、それは陰謀説が囁かれてもしょうがないと思います。

フリーメイソンリーが世界を動かしているのではなく、世界を動かせるような立場にいる人たちが数多く所属していたことから、陰謀説が出回ったのではないかと感じます。

オカルト研究家の意見


オカルト界の重鎮である山口敏太郎さんも、こちらの動画でメーソン陰謀説をバッサリ切り捨てています。

秘密結社ではあるけれど、哲学や宗教を学ぶ紳士クラブ的な存在であると、あんまり言いすぎると怒られるよと、そう語っていますのでやりすぎには注意ということでしょうか。

まとめ

フリーメイソンリーは世界中に会員がいる友愛団体であり、自己の成長や社会のために活動している組織であると言えます。メンバーには世界中の重要人物が所属していることから、度々陰謀説が囁かれていますが、そんな組織ではないみたいです。

フリーメイソンの活動が知りたいのでしたら、高須院長のツイッターをフォローするといいと思います。たまにタイムラインを独占するほど呟くことがありますが、けっこう面白いのでオススメです。

PC記事下

スポンサーリンク

PC記事下の下

 - オカルト