断捨離で人間関係を整理する?相手との関わりを見つめ直す重要性

      2017/01/20   ナチュラル生活

断捨離で人間関係を整理する?相手との関わりを見つめ直す重要性
いま断捨離が流行していますが、この方法で人間関係を整理することも出来ます。

そもそも断捨離とはいらない物を処分して生活や気持ちを安定させようとする考えです。そしてこの断捨離で人間関係をスッキリさせようとする試みもありますが、物ではなく人ですので、実行する場合はかなり慎重にならなくてはいけません。

スポンサーリンク

断捨離で人間関係を整理するには?

乱暴な言い方をすると、「自分にとってメリットのない人間を切り捨てる」ことですね。しかしこの考え方は少々危険な気もします。人と人との関係なんて、損得勘定だけで計りきれない部分があるのは誰でも分っているでしょう。

ただ明らかに迷惑を掛けられている相手は切り捨てるべきです。例えば、暴力を振るってくる身内や犯罪行為に加担している友達、お金を借りて返さないことを繰り返しているような人とは、断捨離以前に早く縁を切らないとあなたの身が危険に晒されます。

しかしこういった極端な人たちではなく、なんとなく合わない会社の同僚、ちょっと迷惑だけど悪い人ではない幼馴染、近所の噂好きな奥さんのような人たちだと、断捨離することで弊害も生まれます。

同僚はどうしてもある程度は付き合わなければいけませんし、幼馴染は切ってしまうと周りの友人関係にも響いてくるでしょう、ご近所さんとなると個人単位では難しいですね。

逆に考えるとある程度切ったとしても支障がない関係の場合は、断捨離を考えることも良いと思います。

どんな人が断捨離するべき人なのかと言えば、ネガティブな人、差別発言を繰り返す人、愚痴しか言わない人、他人を見下し続ける人、立場を利用して横柄な態度を取る人などが挙げられます。

こういった人たちとは距離を置いた方があなた自身の精神も良くなるし、ストレスもなくなるでしょう。そして切りやすい関係でないのなら、出来るだけ関わらないようにするべきです。

家族という関係に甘えている人たち

人間関係で断捨離することが最も難しいのは家族です。そしてその家族は身内に迷惑を掛けていることに気付いていません。子供だから、親だから、何をしても許されると思ったら大間違いです。

家族だから困ったときに助け合うのは当たり前だろうと勝手にお金を使い込んだり、親子だから許されるだろうと暴力を振るったりすることは、例え血が繋がっていても犯罪行為になります。

実際のところ家族と縁を切ることは難しいですが、出来ないことではありません。家族と縁を切ったという人たちがたくさんいて、ネットを通じて発言していることがその証拠です。数え切れないくらいの体験談を読むことが出来るということは、それだけ家族を断捨離した人たちがいるのです。

そして熟年離婚が多い理由も、夫婦だからと軽く考えていたことが原因だと言えるでしょう。

身内だからと甘えていると、いつか断捨離されてしまうかもしれません。そして家族だからと甘く見ていたことで、大きな負債を抱え込むことになるかもしれません。

一度家族との関係もしっかり見つめ直してみることも重要だと言えます。

成功者の名言から考える人間関係

こちらは斎藤一人さんが発言された言葉です。

人は誰かに嫌われることを極端に怖がります。しかしそれが原因でストレスになったり悩んだりすることも事実です。だから斎藤一人さんは自分の波長と合う人だけと付き合うべきだと言っています。

人はどんなに周りに気を配ったとしても、2割の人には嫌われると言われています。全員に良い顔をしても2割の人はあなたが嫌いなのです。人にはそれぞれ個性や性質があるため、理解できない人というのは必ず存在するのでしょうがないことでしょう。

だったら斎藤一人さんの言うように、周りの人たち全員に優しくするよりも、波長の合う人たちとの関係を深めていく方が良いと思いませんか?

まとめ

人間関係の断捨離は安易に実行するべきではないと言えるでしょう。しかし相手との関わりを見つめ直すことも重要です。そして切りやすい関係だとしたら、断捨離することも視野に入れて考えてみてください。

どうしても切ることが難しい場合、風水や縁切り神社でお願いしてみることも良いと思います。

縁切りで有名な神社!悪縁を断ち切るおすすめスポット!

鎌倉で縁切りできるお寺はここ!縁を切りたい女性の味方!

京都で縁切りできる神社はここ!悪縁を切って良縁を結ぼう!

縁切りのため風水を活用しよう!悪縁を断つと良縁が結ばれる!

PC記事下

スポンサーリンク

PC記事下の下

 - ナチュラル生活