スローな生活が密かに流行している理由とは?

      2017/01/25   ナチュラル生活

手を舐める猫
現代社会は何かとせっかちになりがちです。煩わしいと感じる人付き合いは断れば孤立しますし、仕事に追われて息つくヒマさえありません。

そこでライフスタイルを見つめ直す意味も含めて、ゆっくりのんびり暮らそうとする、スローな生活が密かに流行しています。そんなスローな生活とはいったいどんな暮らしで、どういう気持ちで過ごせば良いのでしょうか。

スポンサーリンク

スローな生活とは?

言葉のままですが、ゆっくり生活するという意味があります。どうしてこのようなライフスタイルが提唱されるようになったのかと言えば、元々ファーストフードの反対語である「スローライフ」から成り立っています。

日本は高度成長期を経て、大量生産や高速タイプの生活が主流になりました。たしかに発展して便利にはなっていますが、そのようなスタイルで暮らしていると、段々苦しくなってくることもあるでしょう。

そこで提唱され始めたのがスローライフになります。もっと「ゆっくりのんびりしようよ」ということなのですね。

何をするにもせっかちになってしまっている生活を改めて、のんびり暮らしてみると、意外な生き方に気付くかもしれません。

のんびりすること、だらだらすること

のんびり暮らすと言っても、ただダラダラと過ごすのではなく、きちんと目的を持つことが重要になります。

今日は丸一日のんびりしようと思ったら、まず何をするか決めてください。

日々の生活に追われて本を読むことも、DVDを見ることもなくなってしまったのなら、昔大好きだった本を押入れの奥から引っ張り出して読み耽るのもいいですし、気になっていたドラマを全巻レンタルするのも良いでしょう。

近所の公園を散策することも素敵ですね。さらに足を伸ばしてみると、今まで暮らしていたのに知らなかった場所に出会えるかもしれません。

ダラダラと違う点は、充実した時間を過ごすということなのです。

忙しいと自分の意識があっちへいったり、こっちへきたり、と慌しく動いています。しかし意識を一点に置くことで、気持ちも体もゆっくり過ごすことができます。

田舎暮らしと都会暮らし


数年前から田舎暮らしが注目されるようになりましたが、これもスロー生活の一環だと言えるでしょう。

都会を離れて広大な自然に囲まれた田舎に暮らしてみると、のんびり生活できるありがたみが実感できるということで、今さまざまな自治体では、田舎暮らしをバックアップする活動が行われています。

では都会ではスロー生活は難しいのかと言えば、そういうわけでもありません。要するに、自分の気持次第なのです。

例えば自分のスタイルを見つめなおすためにも、まずは週末だけスローな生活を送ってみるなんてどうでしょう。

朝はのんびり起きて、時間を気にせずにゆっくりコーヒーを飲み、テレビは付けずに、または落ち着いたクラシック音楽や自然の音などを聞きながら過ごしてみるのもいいですね。

全部まとめてやろうとしないこと

スロー生活はゆっくり暮らすことですが、一番大事なことは「全部やろうとしないこと」です。

「アレもコレもやらなければいけない」のはよく分かりますが、そんな風に全部まとめてやろうとすることはよくありません。逆に焦るあまりミスを連発することもあるでしょう。

仕事も生活も、ひとつひとつのことをゆっくり落ち着いて実行することが、なにより上手くいくのです。

どうか思い出してください、アレもコレもやろうとして、その結果うまくいったことはありますか?正直私はありません。

むしろひとつのことに集中した方が上手くいきました。そしてひとつが終われば、そのときに次の用事や仕事に取り掛かればいいのです。

まとめ

ゆっくり暮らそうとすることも大事ですが、何よりも一番は自分の心を安定させることだと言えます。

日々の慌しさに追われて、自分はいったいどこへ向かおうとしているのか、そんな迷子になりがちな気持ちをコントロールする意味でも、スローな生活というのは必要なことではないでしょうか。

今は忙しくて出来ないと思っていても、ほんの少しでいいのです、週末だけでもスローな生活をしてみませんか。きっと今までとは違った自分が見えてくるでしょう。

PC記事下

スポンサーリンク

PC記事下の下

 - ナチュラル生活