様と御中の使い分け!会社宛にメールを送るときの敬称って?

      マナー

メール送信
今は会社とメールでやりとりする機会も増えてきました。しかしいざメールしようと思ったときに、敬称で悩むこともあると思います。様?御中?どっちを使えばいいのだろうと。

そこで様と御中の使い分けを分かりやすくご紹介します。ビジネスマナーの基本ですから、きちんと覚えておきましょう。

スポンサーリンク

会社宛にメールを送るときの敬称って?

様は個人名で、御中は会社宛に使用します。手紙でもメールでも同様です。けっこう単純ですが、知らない場合は混乱しますよね。とくに今はフリーランスで働く人が増えてきているので、実際にメールでしか会社とやり取りしないという人も多いと思います。

だからこそ、文章だけできちんとした印象を伝えることが重要だと言えるのではないでしょうか。基本的なことが出来ているだけでも良いイメージを持たれると思います^^

それでは具体的な様と御中の違いについてご紹介します。

様は個人名に

担当の方のお名前が分かっているのなら、敬称は「様」です。

「○○株式会社 ○○様」

「殿」を使用する場合もありますが、殿は目下の者へという風潮があるので、会社では「様」を使う方が無難でしょう。

たとえば卒業式を思い出してみてください。卒業証書を渡されるときには「○○殿」と呼ばれますよね。そういうことです^^

御中は会社宛に

会社名の場合の敬称は「御中」です。

「○○株式会社 御中」

こんな感じで明記してください。会社宛に様をつける事は失礼にはなりませんが、ちょっと変な感じになってしまいます。

ようするに「御中」は受け取る人を特定しない場合に使います。

手紙でも同様に

手紙でもメールと同じように様と御中を使い分けて書いてください。

個人名なら「様」、会社名なら「御中」

全然知らないとややこしく感じますが、きちんと覚えておくことで今後いろいろなシーンで役立つでしょう。

併用はしない

御中と様を両方使用するのは文章としておかしいので併用はしないでください。個人名が分かっている場合は、御中は省いて様のみを付けましょう。

×「○○株式会社 御中 ○○様」

字だけを見ると御中も様も使っているので丁寧な感じもしなくはないですが、これはかなり変です。マナーを知らないと色々な場面で恥を掻いてしまいますね。気をつけましょう。

あとがき

社会人としてマナーのひとつも守れないようでは印象が悪くなります。社会生活を送る大人として、これから就職活動をする学生でも、たった数行のメールが明暗を分ける事だってあるのです。

ビジネスメールの基本をしっかり覚えておき、マナーをしっかり守りましょう。

PC記事下

スポンサーリンク

PC記事下の下

 - マナー