お葬式の服装は喪服?普通の黒スーツは駄目なの?

      2017/06/14   マナー

喪服姿の男性
葬儀・告別式だと喪服(ブラックスーツ)が良いでしょう。普通の黒スーツでも同じようなものじゃないのかと思われるかもしれませんが、喪服と普通のスーツでは形や素材が違うので見るとすぐに分かります。

周りがみんな喪服のなか、黒のスーツが一人だけのような状況だとかなり目立つことになり、肩身の狭い思いをする可能性が高いです。

やむをえず黒のリクルートスーツなどで参列することもあるかと思います。しかし学生なら仕方がないで済みますが、これが20代後半や30代になってくると常識やマナーを疑われ恥をかくかもしれません。

お葬式では喪服を着ていきましょうね。

スポンサーリンク

お葬式の服装マナー

もしお持ちでないのならこれを機会に購入することをオススメします。今はオールシーズン対応できるスーツなどもありますので、そういったものを選ぶといいでしょう。

それでは具体的にご説明します。

男性の服装とは?

男性のスーツにはシングルとダブルがあります。これはどちらの方が良いというのはなく好みで選んでください。昔だと年配の方はダブルを好まれて、若い世代だとシングルを着ていることが多かったですね。しかし今では年齢関係なくシングルを着用する方が増えています。

ネクタイと靴、ベルトや靴下はもちろん黒、シャツは白の無地です。飾りやデザインのあるものではなくシンプルなものを選びましょう。

男性が葬儀で付ける装飾品は、シンプルな腕時計と結婚指輪以外は基本的に避ける必要があります。

女性の服装とは?

一般的には黒のワンピースにジャケットです。肌をあまり見せないほうがいいので夏でも5分袖までが好ましいとされています。

女性のパンツスーツはマナー違反ではありませんが、あまりよく思わない方もいます。とくに立場が親族でしたらパンツスーツは控えた方がいいでしょう。もしパンツスーツでお葬式に参列する場合はインナーも黒を着用してください。

アクセサリーは結婚指輪とパールのネックスレスなら付けても問題ありません。ネックレスに関しては一連のものを選んでください。二連だと「不幸が重なる」という意味があるため避ける必要があります。

バックはシンプルな黒、パンプスも光沢がないものでヒールの高さは5センチほどがいいでしょう。

ストッキングは肌が薄く透ける程度が好ましいです。タイツだとカジュアル感が出るためにお葬式では不向きとされています。しかし寒い地域になると状況が変わってきますので周りの方と相談してみましょう。

数珠は必要?

数珠に関してはご自分の宗派に合ったものがあればお持ちになってください。しかし持っていなくてもマナー違反にはなりません。

ただ数珠は持ち主を守る意味合いがありますので、人に借りることはよくないと言われていますので気を付けてください。

お通夜の服装は?

お通夜の場合だと急に駆けつけることになりますので平服(黒系のスーツなど)でも問題ないと言われています。

昔はお通夜に喪服を着ていくと「亡くなることを予期していた」などと感じられてあまり好まれませんでした。しかし今ではこのような雰囲気は消えつつあり、通夜まである程度の時間があるのなら喪服で参列しても失礼ではなくなっています。

ですのでお通夜だと喪服でもかまいませんが、平服でも大丈夫です。

まとめ

お通夜だと黒っぽい服装でも問題ありませんが、葬儀・告別式となるとやはり喪服を着用する必要があると言えます。

年齢を重ねるとお葬式に参列する機会も多くなるかと思います。これは寂しいですが仕方がないことでしょう。ですのできちんとした格好で故人を送り出すことがとても大事なのです。

故人を静かに送りたいという想いを持ちながら、しっかりとマナーも頭に入れておきましょう。

PC記事下

スポンサーリンク

PC記事下の下

 - マナー