志賀直哉の小僧の神様のあらすじ「神さまの気持ちと小僧の想い」

      2017/05/15   文学

お寿司
志賀直哉の「小僧の神様」は、大正9年に発表された短編小説です。この作品がきっかけとなり、志賀直哉は「小説の神様」と呼ばれるようになりました。

しかし同時期に活動していた太宰治からは批判されていたようで、何度か文面の上で攻撃し合ったことがあります。

そんな小僧の神様のあらすじとは、一体どんな内容なのでしょう。

スポンサーリンク

志賀直哉「小僧の神様」あらすじ

物語は寿司を食べたいと願う小僧と、彼にご馳走してあげたいと思う議員のお話です。

仙吉の寿司への憧れ

仙吉は、神田にある秤屋で奉公をしている小僧でした。彼は噂で旨い寿司屋の話を聞き、いつか自分もその店に自由に行けるような身分になりたいと思っていました。

それから数日後、八銭の電車賃を渡されて使いに出ると、わざと評判の寿司屋の前を通って暖簾をくぐる番頭さんたちの様子を眺めていました。

帰り道は歩いて電車賃を浮かせていた仙吉は、四銭あれば一つは食べることができるが一つだけというものためらわれて、諦めてその場を去ったのでした。しかし、用事を済ませた帰りに仙吉はあの寿司屋と同じ暖簾をかけた屋台があるのを見つけ、思い切って入ることにしました。

仙吉とAの出会い

店には衆議院議員のAが仲間とともに来ていました。そこへ仙吉が入ってきて海苔巻きを頼みますが、今日はできないと言われてしまいます。

仙吉は勇気を出してマグロに手をかけますが、それが手元のお金では足りないと分かると手を離し、店を飛び出していくのでした。

その様子を見ていたAでしたが、どうしてもご馳走してやる勇気が出ず、その後も妙に仙吉のことが心に引っかかりました。

偶然の再会とAの試み

Aには娘がおり、その成長を知りたいと体重計を買いに行きました。Aが向かった先は、偶然にも仙吉がいる秤屋だったのです。

そこで、秤を届けてもらうのに仙吉を指名し、勇気を持って寿司をご馳走してやることにします。しかし、店に入ったAは先に勘定だけ済ませて店を出て行ってしまうのでした。

三人前の寿司を平らげた仙吉に、店主が勘定はたくさんもらっているからまたいつでも食べに来なさいと言いました。

小僧の神様の後悔

Aはなぜか悪いことをしたような寂しいような気持ちになりました。仙吉にご馳走をして以来あの寿司屋に行くこともできなくなり、気の小さな自分がすることではなかったと後悔していました。

しかし一方で、仙吉はAが自分の食べたいと思っていた寿司屋を知っていたことなどから、神様か仙人かも知れないと思うようになります。

そして苦しい時にはいつもAのことを思い出し、いつかまた彼が現れることを信じるようになりました。

あらすじ一覧

PC記事下

スポンサーリンク

PC記事下の下

 - 文学