太宰治の斜陽のあらすじ「没落した貴族たちの美しき滅び」

      文学

斜陽
太宰治の斜陽は昭和22年に発表され、ベストセラーになった作品です。没落した貴族たちの様子を描いたこの作品の影響により、「斜陽族」という言葉が生み出されました。この言葉が指すのは、没落した上流階級の人たちです。

庶民とは違う生活を送っていた人たちが、それぞれ滅んでいく様子を美しく描いた作品となっています。

そんな斜陽のあらすじとは、一体どんな内容なのでしょう。

スポンサーリンク

太宰治「斜陽」あらすじ

物語は母親の朝食の様子を眺めながら、自身の状況に耽っているシーンから始まります。

豊かな生活からの一転

かず子は華族の家に生まれ、裕福な生活を送っていました。しかし、第二次世界大戦で敗戦してからはその生活は一変し、没落貴族となります。

東京での生活が苦しくなったかず子と母は、家を売って伊豆で暮らすことにしました。そんな中、戦地で行方不明となっていた弟の直治が帰還します。

しかし、彼は家のお金を持ちだしては東京の上原二郎という作家の元へ行き、荒れ果てた生活を送るようになりました。

上原への想いと母の逝去

実は、かず子と上原は顔見知りでした。以前かず子が結婚していた頃に起こった上原とのある秘め事があり、そんな彼を忘れられずにいたのでした。

これまでに三通の手紙を出していましたが、上原から返事が来たことはありません。そんな中、母が結核にかかり帰らぬ人となります。

直治は度重なる不幸に耐え切れず、より一層荒れた生活を送るようになっていきました。

悲しい恋の成就

母が亡くなったあと、かず子は上原に会いに東京へ行くことにします。再会した上原は貴族が嫌いだと言い、早く自身の辛い人生を終えたいと、毎日酒を浴びるように飲んでいることを知ります。

今でも自分を好きかという上原の問に無言でいると、突然キスをされたのでした。かず子は侮辱されたような感覚になり、悔し涙を流します。

しかし、夜になり寝ていたかず子の元へ上原がやって来て、やがて二人はともに一夜を明かすこととなりました。

かず子の決意と道徳革命

上原と別れ帰宅したかず子ですが、彼女を待ち受けていたのは直治の訃報でした。彼は実をいうと上原が嫌いだったことや、上原の奥さんに恋をしていたことなどを遺書に残していました。

しかし、かず子は長く絶望に暮れることはありませんでした。実は上原との子供を身ごもっていたのです。

財産を失い、母や弟までも亡くしたかず子でしたが、今では大きな幸せを感じていました。上原はかず子から離れていこうとしましたが、シングルマザーとして育てていくことを決意します。

好きな人との子供を産み育てていくことが、かず子の道徳革命なのでした。

あらすじ一覧

PC記事下

スポンサーリンク

PC記事下の下

 - 文学