オズの魔法使いの簡単なあらすじ

      2017/02/04   文学

小さな女の子
オズの魔法使いという物語は知っているけれど詳しい内容は知らないという方、けっこういるのではないでしょうか。というのも少し前、「オズはじまりの戦い」という映画DVDをレンタルで観たので原作が気になってきたのです。

映画版ではオズが主人公、演じているのはジェームズ・フランコという俳優さんで、彼は「スパイダーマン」の男前ハリーです、イケメンです、ありがとうございます。

スポンサーリンク

オズの魔法使いのあらすじ

オズの魔法使いは1900年に発売された児童文学書です。この本が発行されてから100年以上経った今でも、人々に愛され続けているその物語のあらすじとは、一体どのようなものなのでしょう。

ちなみにタイトルは「オズの魔法使い」ですけれど、実際の主人公はオズではなく、この物語の主役はカンザスに住む12歳のドロシーという女の子です。

オズの国で冒険するドロシー

ある日竜巻が起こり、ドロシーの家ごと異国へ飛ばされてしまいます。彼女が飛ばされた場所がオズの国。家が落ちた先には悪い東の魔女がいましたが、その反動で魔女はつぶされてしまいました。悪い魔女だったため、ドロシーは一躍英雄に。

東の魔女が履いていた「銀の靴」を手に入れましたが、ドロシーの願いは「カンザスに帰ること」だったのです。

その願いは「オズの魔法使い」なら叶えてくれるかもしれないと、そう教えてくれたのは北の良い魔女。その希望を胸にドロシーは愛犬トトと共にオズの魔法使いの元へ旅に出ます。

旅の仲間との出会い

途中、知恵が欲しいカカシや勇気が欲しいライオン、心が欲しいブリキの人形たちに出会い一緒に旅をします。そうしてオズの魔法使いの元にたどり着いたドロシーたち。

オズに自分たちの願いを伝えますが、オズの答えは「西の魔女を倒せば叶えてやる」というもの。仕方なく西の魔女を倒す旅に出ますが、途中その魔女から攻撃を受けます。その攻撃を交わしながらも前へ進むドロシーたち。

勇気を出してドロシーを助けるライオン、知恵を絞って困難に立ち向かうカカシ、ドロシーを想って涙するブリキの人形。そうして偶然にも西の魔女を倒すことができたドロシーたち。

カンザスへ帰る方法

しかし願いを叶えてくれるはずのオズの魔法使いは、実はドロシーと同じように異世界からやってきたただのマジシャンだったのです。

オズの告白を受けて落胆するドロシーでしたが、オズからの提案で気球に乗り元の世界へ帰ろうとします。しかし気球に乗った愛犬トトが逃げ出してしまい、トトを追いかけたドロシーは気球に乗りそびれてしまったのです。

途方にくれていたドロシーの前に南の良い魔女が現れ、東の魔女が履いていた「銀の靴」には魔力があり願いが叶うかもしれないと教えられます。教えられたとおりに「銀の靴の魔力」でドロシーは元の世界カンザスに帰ることができたのでした。

感想

結局、願いを叶えてくれるはずだったオズの魔法使いは、なんの願いも叶えてくれませんでした。カカシもライオンもブリキの人形も、欲しかったものはすでに自分自身の中にあったのです。

ドロシーも自分で切り開くことによって、自分の願いを自分自身で叶えることに成功しました。「オズの魔法使い」の作者は、願いは自分自身の力で叶えるものだということを伝えたかったのでしょうか?

そして100年続く物語へと

この物語は小説や映画や舞台と、様々な媒体によって作品化されています。

100年以上経ってもなお、イケメンがオズを演じるという素敵な物語としてきっとこれからも語り継がれていくのでしょう。100年後のイケメンばんざい。

PC記事下

スポンサーリンク

PC記事下の下

 - 文学