国民年金が免除になる所得制限とは?3つのポイントについて!

      ライフスタイル

年金手帳とお金
国民年金のシステムは少しややこしく、実際に調べようと思っても難しく感じていると思います。とくに所得が少なくて免除を申請したいと感じても、どのような制限があるのかがハッキリ理解できないこともあるでしょう。

そこで国民年金が免除になる所得制限についてご紹介致します。

スポンサーリンク

国民年金が免除になる所得制限

国民年金が免除になるには所得額がポイントになります。一定額を下回ることが条件となりますが、その3つのポイントについて説明していきます。

その1:国民年金の免除ができる人

国民年金は月々の支払額が多く、生活にも影響してしまいます。リストラや失業した人などは収入がなくなり国民年金の支払いが困難になりますよね。そんなときは免除申請すれば納付しなくても大丈夫になる場合があります。

しかし払えない人はすべて免除申請ができるという訳でありません。基準となるのが所得額です。

一定の基準を下回る所得額の場合は国民年金の免除が可能になります。またこの申請ができるのは障碍者・寡婦の方だと前年所得が125万円以下の場合、そして生活保護を受けている人です。

また災害や失業などで納付が困難になった人も免除の申請ができます。手続きをするのは住んでいる地域の市町村役場です。

その2:免除になる所得額について

国民年金が免除になる所得額ですが、家族構成によっても異なります。4人家族で子供の一人が16歳以上で、23歳未満の場合は前年所得が162万円以下の場合は全額免除ができます。所得が335万円以下の場合は4分の3免除が可能です。

単身世帯の場合ですと、前年所得が57万円以下で全額免除となり、93万円で4分の1免除、141万円で2分の1免除、189万円で4分の3免除となります。所得額は社保険料などを控除する前の金額の為、判断基準は異なります。

国民年金免除の制度は実際に申請している人は3割程度とも言われていますので、ご自分の所得が少ないと感じている場合は申請することをおススメします。もしかしたら免除の対象になるかもしれません。

その3:学生納付特例制度

国民年金は20歳になってから必ず収める義務が発生します。20歳といっても全ての人が安定した収入があるあとは限りません。大学生などもまだまだ多い年齢ですから、国民年金が支払えない人の数も多いのです。

学生納付特例制度は、在学期間中の国民年金を後払いする制度になります。将来仕事を始めた時に納付をすることができる手続きです。

対象となる学校に職業訓練学校も入っています。追納せず免除された場合は将来的に受け取る年金額が多少減ってしまいます。この手続きで基準となる所得額ですが、前年所得が68万円以下、扶養親族がいる場合はその数によって加算されていきます。

まとめ

国民年金の免除のポイントになるのは所得額です。色々なケースがあり対象になるかどうか判断するのは難しいと思います。

自分が免除できる所得額かどうか気になったら、管轄の市町村に問い合わせてください。

申請方法についてはこちらの記事を参考にしてください。

PC記事下

スポンサーリンク

PC記事下の下

 - ライフスタイル