30代の貯金の平均額についてチェック!意外と多い?!

      ライフスタイル

ぶたさんの貯金箱
貯金の額は年齢によっても異なりますが、30代の貯金額の平均はご存じでしょうか。30代は働き盛りで人生を楽しんでいる年齢層、そしてプライベートでも色々なイベントが起こる世代です。

結婚や出産、マイホームの購入など出費も重なる年代でもあります。それでは気になる30代の貯金の平均額についてチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

30代の貯金の平均額について

2012年の統計では30代の貯金の平均は732万円となっています。意外と多いと思われる方がいるのではないでしょうか。貯金額は大変ばらつきがあるので、リッチな人とそうでない人の差が開きすぎるという特徴もありますよね。

また平均額は貯蓄があるという人の回答のため、実際には3割近くの人が貯金がないとも言われています。

そのため30代の貯金の平均額を見て慌ててしまう必要はありません。実際にはこんな高額の貯金をしている人は少ないと言えるでしょう。しかしお金は多く持っているほうが安心ですよね。

何かと物入りな30代

30代の貯金の平均額だけを見るとかなり余裕がある生活をしているようにも見えますが、しかし30代は出費が多いことも特徴です。結婚資金、出産、マイホームを購入するための頭金など、一機に貯金が減ってしまうと言えるでしょう。

そのためできればお金はコツコツと独身時代に貯めておきたいものです。しかしプライベートでも楽しい趣味や旅行などでお金を使いたい気持ちもあるでしょう。

長い人生の中でも30代はとてもマネープランをするためにはとても重要な時期だと言えます。好きなだけ使ってしまうと将来辛い思いをする可能性もあるでしょう。

30代では賢くお金を使うことも意識しないといけません。人生を楽しみながらも将来設計をする点がコツです。

理想の額はいくら?

30代の貯金の平均はあくまでも目安ですが、もちろん高額な貯蓄があれば将来は安定です。そこで30代で可能な貯蓄額を計算してみると300万円となっています。

社会人になって年間30万円の貯蓄をした場合、30代では300万円貯まる計算になります。若い頃からコツコツ貯蓄に励んでいれば、これは決して不可能な額ではありません。

さらに次の10年で300万円貯めれば、30代の終わりには600万円になっています。

これだけあればマイホームや子育て資金としてもまずまずの額と言えます。しかし実際には生活費や自己投資など、意外な出費でお金はどんどん出ていってしまうでしょう。せっかく貯めた貯金を崩して生活費に充てることもあると思います。

まとめ

30代の理想の貯金額は将来のために必要な額、マイホームや結婚などのライフイベントを想定しましょう。

コツコツと計画的に貯めていれば30代の貯金の平均額は意外と多いと言えます。しかし自分で出来る範囲でいいので、目標額を決めて今後の貯金額の参考にしてみましょう。

PC記事下

スポンサーリンク

PC記事下の下

 - ライフスタイル