パートとアルバイトの違いって?求人に応募するときの注意点!

      ライフスタイル

履歴書
求人情報誌などで「パート募集」や「アルバイト求む」と書かれている文章をよく目にします。ですがこのパートとアルバイトの違いというのは、法律的に明確に区分されている訳ではありません。

身近で使われている状況を確認してみると、パートもアルバイトも短時間労働者を指しているようですが、これも企業によって変化しているようです。

スポンサーリンク

パートとアルバイトの違い

正社員より短い労働時間だと、パートタイム労働者と区分されています。

「短時間労働者(パート労働者)」は、「1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者(正社員)の1週間の所定労働時間に比べて短い労働者」とされています。例えば、「パートタイマー」「アルバイト」「嘱託」「契約社員」「臨時社員」「準社員」など、呼び方は異なっても、この条件に当てはまる労働者であれば、「パート労働者」としてパートタイム労働法の対象となります。
引用元:厚生労働省:パートタイム労働法の改正について

法律上ではパートもアルバイトも違いはありませんね。しかしニュアンスは企業によって変わることが多い気がします。あくまで短時間労働者として働いてもらっているところもあれば、長時間・長期間の雇用をお願いしている会社もあると言えるでしょう。

パートもアルバイトも一般的なイメージはありますが、実際の違いというのは企業によって様々であると感じます。

パートとは?

一般的には既婚者の短時間労働者を指していることが多いですが、会社によっては正社員と同等の時間を働いている場合もあります。

実際に「主婦の方のパート募集!」という求人を良く聞きます。

アルバイトとは?

一般的に学生が本業の合間に働くことを指していることが多いのではないでしょうか。「学生さんの応募待っています!」という謳い文句をよく目にします。

さらに短期間だけ人を集めるときも、「学生さんの短期アルバイトを募集しています」といった応募を、長期の休みなる前などに見かけますね。

応募する際の注意!

「パート・アルバイト募集」と一緒にしている場合や、パートはこの担当だけどアルバイトはこの仕事と、分かれている会社もあります。

短時間の場合もあれば、長期間を希望している企業もあります。そのため、自分の希望する条件に合った応募先を見付けることが重要です。

主婦の方の希望条件

とくに主婦の方は時間の制限が厳しく、なかなか応募できる職種が見つからないこともあると思います。連絡をするときに「自分が働ける時間と日にち」をきちんと相手に伝えましょう。そうすることでその後の面接がスムーズに進みます。

きちんと確認しておかないと、面接に行っても条件の食い違いから行くだけ無駄になったなんてことにもなりかねません。

まとめ

パートとアルバイトの明確な違いはありませんが、企業によっては区別されている場合があります。

ですので応募する際に、前もってきちんと確認しておく必要があると言えますね。

PC記事下

スポンサーリンク

PC記事下の下

 - ライフスタイル