その口臭の原因は胃腸かも?口の臭いを改善する5つのポイント!

ヘルスケア

匂いが強い食べ物を食べた後に口臭が気になるのは仕方がありませんが、空腹時にも口臭が気になるようでしたら、原因は胃腸かもしれません。

口臭にはさまざまな原因がありますが、なかなか治らない場合は胃腸障害を引き起こしている場合があるのです。そのため、根本的な治療をしないと口臭の改善は難しいでしょう。

また、体質的に元々胃が弱い人も口臭の悩みを抱えている場合が多いため、胃腸の働きを活性化して健やかな体調に整えることがポイントになります。

スポンサーリンク

口臭を防ぐには胃腸強化が大きなポイント!

口臭の原因になる胃腸障害を防ぐため、おすすめのポイントを5つご紹介いたします。ぜひ参考にして口臭改善に役立ててくださいね。

その1:定期的な健康診断を受ける

口臭の原因になる胃腸障害は、初期の段階では自覚症状がないことが多く、症状が進行した場合に気づくことがあります。特に日頃から胃弱体質の人は病気になっても分かりにくいため、口の臭いなど、体調の異変を見逃さない点が重要です。

口臭の原因となる胃腸障害を早期発見するには、定期的な健康診断が効果的になります。また、口臭が治らないときや臭いが強くなる場合は、すぐに医療機関で診察してもらいましょう。

胃腸障害を起こしている場合の口臭は、根本的な治療をしないと改善できなません。早期解決に向けて、まずは早い対処をとることが大切ですね。私たちの胃腸は毎日休みなく働いています。定期検診で常に状態を把握することは、健康への第一歩です。

その2:生活習慣を整える

口臭の原因になる胃腸障害を予防するには、生活習慣を整えることが大切だといえます。不規則な生活は胃腸活動のリズムが悪くなり、消化不良などを起こしやすくなります。また、睡眠不足は胃腸に負担がかかり、自律神経が不安定になる原因の一つです。

自律神経のバランスが崩れると唾液量が減少するため、口内では臭い菌が繁殖しやすくなってしまいます。消化液の分泌も減少するので、食べた後に胸やけをおこして胃腸から臭い菌が口まで逆流することも。

口臭を改善するのは原因を解明しないといけないため、一番効果的なケア方法は予防対策をしっかりすることでしょう。健康な体は口臭も少なく、心身ともにバランスが取れた状態です。

その3:ストレスを溜めない

ストレスは胃腸の働きを左右するほどの影響力を持っています。ストレスが続く生活をしていると、胃酸過多になるため胃の内壁が荒れてしまい、消化吸収が正常に行われなくなってしまいます。

また、ストレスは自律神経のバランスをくずし、ドライマウスになる原因とも言われています。唾の分泌量が減ると、臭い菌を減らす大切なバクテリアの数も減少してしまうからです。

このように、ストレスは胃腸に直接与える原因以外にも、口臭の原因になるあらゆる要素を持っています。日頃からリラックスできる環境をつくる点がポイントです。

ストレスを解消するには疲労回復を大切にしてください。毎日質の高い睡眠をとり、心身ともにリラックスできる生活環境を維持しましょう。睡眠中は胃腸の働きが治まるため、リセットするためにも質の良い眠りを心がけることです。

その4:便秘を改善すること

便秘をすると腸内に便がたまり、そこから悪性ガスが発生します。それが口臭の原因にもなるため、胃腸の機能を活性化して便秘を解消しましょう。

女性に多い頑固な便秘は色々な原因がありますが、まずは食生活を見直すことから始めてください。不足しがちな野菜類には便秘を解消する食物繊維がたっぷりです。腸のぜんどう活動を活性化するため、便秘体質の改善にもメリットになります。

口臭の原因は胃腸障害が多く、便秘も胃腸が正常に機能していないサインです。慢性便秘の方は習慣的になっているため、さほど気にならないという人も多いのですが、便秘は大腸がんなどの恐ろしい病気の原因にもなりますのでご注意くださいね。

その5:胃腸の働きを活性する食生活

胃腸を強化するには、栄養バランスの取れた胃腸に良い食事をすることが大切です。胃腸の働きが弱くなると消化吸収が衰えてしまい、食べ物の栄養素がしっかり分解されないまま体外に排出されてしまいます。

また、リンパの流れも衰えてしまうため老廃物が溜まりやすくなり、口臭の原因である悪玉菌が発生する要因になっています。胃腸に良い食べ物とは、消化がよく栄養バランスが取れたものです。

特に野菜類は不足しがちなので、日頃から積極的に食べるように意識しましょう。胃腸の働きはお肌にも関係しています。美肌のためにもバランスの取れた食生活が重要です。

青汁で弱った胃腸を改善しよう!


胃腸は体質的にもともと弱い人がいますよね。病気でなくても、なんとなく胃の調子が悪い時は誰でも経験があるでしょう。健康な人でも、食べ過ぎた後や疲労がたまっているときは胃腸障害を起こしやすく、体調不良の原因になっています。

青汁は栄養バランスを整える

そこでおすすめなのが青汁です。青汁は消化酵素をサポートするビタミン類の栄養が豊富で、胃潰瘍などの潰瘍を予防する効果が高く、特に胃弱体質にはピッタリです。

口臭の原因になる胃腸障害は、日頃の食生活が重要なカギを握っています。青汁は栄養バランスを整えるとともに、胃腸にとってもメリットがたくさん。青汁の葉緑素成分は胃壁を保護するため、刺激の強い食べ物などからも胃を守ってくれる効果に期待できるでしょう。

胃腸の負担を減らして健康管理

野菜の栄養分が豊富な青汁以外にも、野菜ジュースや果汁なども人気があります。しかしこれらのドリンクには添加物や糖分、塩分が含まれている可能性があります。胃腸の負担を減らし、継続して健康管理をするには青汁が安心です。

また、食物繊維が豊富で便秘の改善にもなりますので、胃腸機能を活性化するためにあらゆる角度からアプローチしてくれます。野菜を毎日食べるのは大変でも、簡単に飲める青汁なら続けやすい魅力がありますよね。

健康を意識したい方、口臭予防のために胃腸を強化したい方、それに美容に関する効果にも青汁はとてもおすすめです。ヘルスケアに関する全般的な問題を解決するメリットが、青汁にはたくさん含まれています。

まとめ

青汁は健康ブームとともに、色々な商品が流通しています。自分に合った青汁を飲むには色々と比較することが大切です。口臭予防のためには、健康な胃腸活動を維持することが重要だと言えます。

青汁は飲むほど体にもメリットになり、胃弱体質の改善にもつながるため、口臭の悩みを抱えていえる方は青汁で胃腸強化をする方法を視野に入れましょう。

青汁の原料となるものは大麦若葉やケール、アシタバなどがありますが、どれも栄養価が高いのに食卓に並ぶ機会が少ない貴重な野菜です。青汁でたっぷり野菜の葉緑素を吸収して、健康で丈夫な胃腸環境を整えましょう。

タイトルとURLをコピーしました