バスタオルを使い回しするとハゲが加速するかも!その原因とは?

      2017/01/20   ヘルスケア

バスタオルを使い回しするとハゲが加速するかも!その原因とは?
頭や身体の水を拭き取ったとしても、バスタオルがびしょ濡れになることはありません。部屋干しをすれば夏なら数時間、冬でも一晩ぐらいで乾いてしまうので、雑菌が繁殖するイメージはないでしょう。

しかし一度使ったバスタオルには雑菌が付着しますし、半がわきの状態で干すと乾くまでにカビが繁殖し始めるのです。そのためバスタオルを使い回すとハゲが加速する可能性が高くなります。

もし薄毛で悩んでいてバスタオルを使い回しているのなら、その行為を改める必要があるでしょう。

スポンサーリンク

使い回したタオルでハゲが加速する理由

実は見た目はすっきり乾いていても、部屋干しのバスタオルには洗濯した後のバスタオルの約100倍もの雑菌が繁殖しています。この状態で3日間使いまわすと、雑巾と同じぐらいのカビや雑菌が増殖してしまいますから、バスタオルからはくさいニオイもし始めます。

ちなみに1週間洗わずに使い回していると、雑菌の数は排水溝と同じ100億個以上とも言われています。ですので長期間バスタオルを使い回すのは、排水溝を拭いた雑巾で身体や髪を拭くのと同じことになるのです。

雑菌によって引き起こされる症状

100億とまではいかなくても、タオルを数日使い回していると、毎日洗濯しているバスタオルの100倍にもなる雑菌が増殖することになるでしょう。そのバスタオルで髪を拭けば、当然雑菌は頭皮にも繁殖していきます。

頭皮にはもともと雑菌が住んでいますが、普通の状態であれば古い角質や過剰分泌された皮脂を分解して新陳代謝を促してくれるので、逆に頭皮を清潔に保ってくれます。しかし、増殖してしまうと分泌物が多すぎて頭皮にとって刺激となり、炎症などを引き起こしたり吹き出物ができたりします。

使い回しのバスタオルは危険!?

頭皮は髪が生える土台ですから、その環境が悪化すれば当然髪の成長が妨げられてしまい、抜け毛が増えたり細い髪しか生えてこなくなります。せっかくシャンプーで頭皮を清潔に洗っても、使い回したバスタオルのせいで雑菌を繁殖させてしまったら、薄毛の改善どころかハゲを加速させてしまうことになるのですね。

いくら育毛剤でケアしていても雑菌が繁殖すれば効果がなくなってしまうので、バスタオルの使い回しは止めましょう

まとめ

バスタオルというのは、使う度に洗うという人と何回か使ってから洗うという人に分かれます。これは育った家庭の影響が大きいとも言われますが、何回か使ってから洗う人は使う度に干しているから汚くないという感覚があるのでしょう。

確かに身体や髪を洗ったあとに使うので、一見綺麗に思えるかもしれませんが、その使い回しがハゲを引き起こしていることがあるのです。

バスタオルは大きいので毎日洗うのが難しい場合、普通のタオルでしっかり水を拭き取ってから使うというように工夫をして、身体や頭皮に雑菌が繁殖するのを防ぎましょう。

バスタオルの収納に困る!だったら使うのをやめてみよう!

PC記事下

スポンサーリンク

PC記事下の下

 - ヘルスケア