ガムを噛む効果とは?顔が小さくなるって本当?

      ヘルスケア

ガムを噛む効果とは?顔が小さくなるって本当?
ガムを噛むことで顔を小さくすることは可能です。

顔の大きさというのは、骨格や皮下脂肪だけではなく顔やその周りの筋肉も関係しています。筋肉がたるんでしまうと、下や横に面積が広がって顔が大きくなりますが、筋肉が引き締まればフェイスラインがすっきりするので小顔になります。

お腹は腹筋を鍛えれば引き締まりますし、足も適度な筋肉をつけると引き締まって細くなるのと同じで、顔も筋肉を鍛えることでキュッと引き締めることができるのですね。

スポンサーリンク

ガムを噛むことで得られる効果

ガムを噛んでいると無意識のうちに何十回も咀嚼をしますから、その分口周りの筋肉が鍛えられます。この部分は食事で咀嚼をすることでも使っていると思うかもしれませんが、実際に食事をしてもガムを噛んでいる時にようにたくさん咀嚼はしません。

ガムなら口に入れている間中咀嚼しつづけるので、特別なマッサージやエクササイズをしなくても顔を小さくする効果が期待できるのです。

また、ガムを噛むと唾液がたくさん出て消化活動がスムーズに行われるので、食後にもガムを噛むようにするのも良いでしょう。さらに咀嚼は脳を刺激したり満腹中枢を満足させたりするなど、他にもいろいろな健康効果が得られます。

ただ噛むだけでは小顔になれない!?

ガムで顔を小さくしたい、と思うのならただ無意識にガムを噛むだけではだめです。もちろん噛まないよりは噛んだ方が良いのですが、効率よく小顔になるには噛み方があります。

粒タイプなら2粒、板ガムなら1枚を軽く噛んで柔らかくしたら、口を閉じたまま右の奥歯で10回、アゴをしっかり動かして噛みましょう。10回噛んだら犬歯の部分で10回、前歯で10回というように、少しずつ場所を移動させながら左奥歯で10回噛んでください。

口の周りの筋肉がきちんと動くことを意識して噛むとより効果的です。

ガムによる顔のエクササイズは、やればやるほど効果が高くなりますから、口さみしい時にお菓子などの代わりにガムを食べる習慣をつけるといいですね。

まとめ

小顔は女性の憧れですし、男性であっても顔が大きいよりは小さい方がかっこよく見えます。

今まで何気なくガムを噛んでいた方もガムを噛む習慣がない方も、しっかり噛み方をマスターすればスッキリ小顔が手に入るので、今日から生活に取り入れてみましょう。

PC記事下

スポンサーリンク

PC記事下の下

 - ヘルスケア