筋肉質の女性が「ふくらはぎ」をスッキリさせる方法とは?

      2017/07/26   ヘルスケア

筋肉質の女性が「ふくらはぎ」をスッキリさせる方法とは?

細い足首から緩やかな曲線を描くふくらはぎは女性の理想ですよね。ですが昔運動部に所属していた人や、常にハイヒールを履いたりしているという方は、ふくらはぎの筋肉が発達しているためガッチリとたくましい状態になってしまいます。

ふくらはぎを細くするには、つま先立ちエクササイズやウォーキングなどの方法がありますが、筋肉質の女性はこういった方法では細くなりません。逆に残っている筋肉が鍛えられてしまい、余計にガッシリしてしまう可能性が高いでしょう。

そこでおすすめな方法として、リンパマッサージとストレッチがあります。

スポンサーリンク

ふくらはぎをスッキリさせる方法

足首から膝裏までリンパを流すようなイメージで、力を入れすぎないようにマッサージすると老廃物が流れてむくみが解消されます。

リンパマッサージをするときは、ペパーミントやグレープフルーツなどむくみを緩和する効果のあるオイルを使うとより効果が高まります。

まず体を温めた状態で始めます。フットバスやお風呂上りなどがいいでしょう。そしてこちらの動画のようにマッサージします。


さらに前屈などふくらはぎを伸ばすストレッチをすれば、血行が促進されて脂肪の燃焼効果がアップします。

こちらの動画では治療院の方がふくらはぎについて丁寧に説明をしながらストレッチを実践しています。何をするにもふくらはぎは重要なことがよく分かりますので、ぜひ参考にしてみてください。


スッキリさせるために一番重要なのは、リンパマッサージとストレッチの両方をできれば毎日続けることです。気が向いた時にしかやらないようでは、老廃物や脂肪が溜まってしまい効果が得られないので、硬さが取れて細くなるまでは頑張って続けましょう。

そもそも筋肉太りって何?

筋肉を動かすためにはたくさんのエネルギーが必要になるため、普通ならふくらはぎに筋肉がついていても太くなることはありません。そして筋肉は運動しないと段々落ちていきます。そのためマッチョさんは常にトレーニングをしていますよね。

それなのにふくらはぎが太くなる原因は、筋肉を使わなくなったせいで、その周りに脂肪や老廃物が蓄積してしまうからです。

筋肉は使わないと落ちていきますが、その過程で筋肉の下に脂肪がつきます。そのため見た目は筋肉っぽく見えるものの、実際には脂肪の方がたくさんついてしまっているため、結果的に太くなってしまうのです。

さらに脂肪だけなら落としやすいのですが、その上に筋肉がうっすらと残っているので運動や食事制限をしても細くなりません。これはかなりやっかいですね^^;

筋肉太りする人の共通点

ふくらはぎが太い人には冷え性という共通点があります。冷えることで血液の流れが滞り、老廃物が溜まった結果むくみが引き起こされます。いつも素足で行動したり、湯船に浸からずにシャワーだけで済ませたりしていませんか?

筋肉太りを解消するためにもまず体を温めることも重要です。そしてリンパマッサージにストレッチを取り入れて効率よくふくらはぎをすっきりさせましょう。

また、太ももが冷えている場合は、ふくらはぎだけマッサージをしても老廃物が流しきれないので、太ももから付け根までマッサージするのもおすすめです。

まとめ

筋肉質な足を触ってみると、ふくらはぎ部分がカチカチで到底細くなりそうにありませんが、それでも毎日のケアでスッキリさせることが可能になります。

体を温め冷えを解消し、リンパマッサージとストレッチを続けることで効果が得られるので気長に続けていきましょう。

PC記事下

スポンサーリンク

PC記事下の下

 - ヘルスケア