タモリ式入浴法って知ってる?もしかして脂性肌を改善できるかもよ!

      2017/01/17   ヘルスケア

タモリ式入浴法って知ってる?もしかして脂性肌を改善できるかもよ!
タモリさんが「笑っていいとも」で話していた入浴法があります。

キレイな肌をされているタモリさんに注目して、周りの人たちが聞いて話題になった方法とは、一体どんな入浴なのでしょうか。

スポンサーリンク

タモリ式入浴法とは?

  • 湯船に10分以上浸かる
  • 石鹸やボディソープなどを使わない

タモリ式入浴法はたったこれだけ、お湯に浸かるだけで汚れの8割は落ちるとタモリさんは言っているのです。

必要な潤いまで除去

普段私たちが行っている「タオルでゴシゴシと力を込めて洗う」という行為は、肌に潤いを与えている必要な皮脂までも洗い流してしまっている可能性があります。

ゴシゴシと洗われて皮脂が極端に減ってしまうと、体は肌を守るために皮脂分泌をさかんに行います。この余分に出された皮脂がベタつきの原因となり、脂性肌になるのです。

肌バリアを回復させる

もし今まで体の洗浄に力を込めて洗っていたとしたら、肌バリアが弱っているかもしれません。弱った肌に対して皮脂分泌が過剰に行われた結果、脂性肌になっている可能性があるのです。

常にベタつく症状に悩んでいるのなら、普段の洗浄を見直してください。脂性肌を気にするあまり、神経質に過剰な洗浄を行ってはいないでしょうか。

洗い過ぎて肌バリアが弱っているのならタモリ式入浴法はぴったりだと言えます。弱った肌を回復させるためにも、必要な潤いは肌に残しておくことが重要になるからです。

タモリ式入浴法の効果

タモリ式入浴法ではお湯のみで汚れを落とし、必要な潤いは体に残します。

石けんやボディーソープには過剰に皮脂を取り除く作用があるので、お湯のみで洗うと肌への負担が少なくなります。

皮膚には常に肌を守るための常在菌が存在していますが、石けんなどを使わないだけでも、適度な皮脂が体に残り潤いとなるでしょう。

脂性肌の注意点

皮脂の量が多い脂性肌の方がタモリ式入浴法を実行する場合には、注意が必要になります。

お湯だけで落ちなかった皮脂は肌に蓄積されていき、黒ずみなどの原因にもなります。脂性肌の方で実践しようと思っているのなら、定期的に石鹸やボディソープを使った方がいいでしょう。

最初は数回に一度の割合でタモリ式入浴法を試してみて、大丈夫そうなら回数を増やしていってみてください。自分の肌状態に合わせて調節する必要があるでしょう。

まとめ

今まで石けんやボディソープを使って洗うことが清潔と言われてきました。ですのでタモリ式入浴法を実行する場合は勇気が必要でしょう。ですのでもし実践するのなら、次の日に出かける用事がない日を選んで実行してください。

タモリ式入浴法を試すと、驚くほどお風呂に入ることが簡単になり、同時に石鹸やボディソープの節約にも繋がると言えます。

PC記事下

スポンサーリンク

PC記事下の下

 - ヘルスケア